学会賞

個体群生態学会奨励賞

「個体群生態学会奨励賞」は個体群生態学の一層の発展を図ることを目的として同分野において極めて優れた業績を挙げた若手研究者を表彰するものです.本学会員もしくはPopulation Ecology(あるいはResearches on Population Ecology)に論文を掲載したことのある若手研究者を対象とし,自薦による応募者もしくは会員から推薦された候補者の中から受賞者を選考し賞状および副賞(賞金10万円)を贈呈します.年次大会では受賞者による記念講演があります.

2019年度の奨励賞候補者の募集

2018年度受賞者

京極大助(東北大学生命科学研究科

受賞講演:On generality in ecology

2017年度受賞者

小林和也(京都大学フィールド科学教育研究センター)

受賞講演:Sex as a maintenance of mechanism of biodiversity

これまでの奨励賞の受賞者

個体群生態学会年次大会ポスター賞

年次大会において特に優れたポスター発表を行った数名の研究者にポスター賞を授与します