個体群生態学会奨励賞受賞者

2017年度

小林和也(京都大学フィールド科学教育研究センター北海道研究林

Sex as a maintenance mechanism of biodiversity

2016年度

山道 真人(京都大学生態学研究センター)

「適応のメカニズム」が生態−進化フィードバックに与える影響

2014年度

横溝裕行(国立環境研究所)

Mathematical modeling for effective management of populations subject to uncertainty

2013年度

高橋 佑磨(東北大学)

遺伝的多型の維持機構と機能

仲澤 剛史(国立台湾大学,国立成功大学)

Ontogenetic growth matters in community ecology

2012年度 

舞木 昭彦(龍谷大学)

Biodiversity maintained by interaction type diversity

2011年度 

内海 俊介(東京大学)

時々刻々と変化する植物から昆虫の多様性に迫る

2009年度 

瀧本 岳(東邦大学)

群集構造に関する理論生態学

2007年度 

松浦健二(岡山大学)

Sociobiology of termites: The social insects living in the world of micro-organisms

2005年度 

津田みどり(九州大学)

実験室実験系を用いた寄主-寄生蜂系についての個体群生態学および進化生態学

2003年度 

仲岡 雅裕(千葉大学)

Population and community ecology of marine benthic organisms: From single-species study to multi-disciplinary and multi-scale approaches for understanding processes and dynamics of open populations and communities