第33回個体群生態学会大会

 

2017年の秋に、個体群生態学会の第33回大会を、福岡で開催します。会場は交通の便利な市内に選びました。

 期間:2017年10月13日(金)〜10月15日(日)

 場所:九州大学西新プラザ

 

最新情報は大会のウェブサイトをご覧ください。(6月30日公開)


  

スケジュール(20170503案)

 10月13日(金):
13:00-16:00 企画シンポジウムC
"The era of genomic imprinting: Epigenetic inheritance and a paradigm shift in evolutionary ecology." (org. Kenji Matsuura) 「和名:ゲノムインプリンティングの時代:エピジェネティック遺伝子と進化生態学のパラダイム」

16:00-17:30  総会
17:30-18:30 受賞講演
(運営委員会は企画シンポジウムと並行して開催する。12:00-15:00でもよいし13:00-16:00でもよい、会長と運営委員会に選んでもらう)

10月14日(土):
9:30-12:30 基調シンポジウムA:
"Functional genomics and the evolution of ecological traits."(org. A. Satake et al.)

12:30-14:30 ポスターセッション前半(+昼食)

14:30-17:30 基調シンポジウムB:
"Bio-logging and big data: automated simultaneous tracking of many individuals and its impact on field ecology." (org. E. Kasuya et al.)

17:30-19:00 懇親会会場への移動
19:00-21:00 懇親会 (天神で)

10月15日(金):
9:30-12:30 企画シンポジウムD
"Is adaptation a harsh mistress of diversity? -- adaptive and non-adaptive causes of radiation."(orgs. Kei Matsubayashi and R. Yamaguchi)  「適応は本当に多様性の母なのか? -放散に関わる適応的・非適応的過程」

12:30-14:30 ポスターセッション後半(+昼食)
14:30     大会終了

基調シンポジウム

基調シンポジウムA(Organizer: Satake A., et al.) 

タイトル: "Functional genomics and the evolution of ecological traits."

 

Dr. Thomas Mitchell-Olds (Department of Evolutionary, Ecological and Agricultural Functional Genomics, Duke University, USA)

 

Dr. Mark Ravinet (Centre for Ecological and Evolutionary Synthesis, University of Oslo, Norway)

 

Scott Egan (Department of Evolutionary Biology, Rice University, USA)

 

基調シンポジウムB(仮題)(Organizer, Kasuya E., et al.)

タイトル: "Bio-logging and big data: automated simultaneous tracking of many individuals and its impact on field ecology."


S. Hiryu (Doshisha University)

H. Baktoft (Technical University of Denmark)

F.Y. Nomano (Graduate University for Advanced Studies)

 

企画シンポジウム

企画シンポジウムC
"The era of genomic imprinting: Epigenetic inheritance and a paradigm shift in evolutionary ecology." (org. Kenji Matsuura)

「ゲノムインプリンティングの時代:エピジェネティック遺伝子と進化生態学のパラダイム」

企画シンポジウムD
"Is adaptation a harsh mistress of diversity? -- adaptive and non-adaptive causes of radiation."(orgs. Kei Matsubayashi and R. Yamaguchi) 

「適応は本当に多様性の母なのか? -放散に関わる適応的・非適応的過程」

 

一般講演(ポスター)

 ポスター発表申し込み

 一般講演はポスター発表のみとします。

 外国人参加者が多いため、ポスターは英語、もしくは日英併記で書いてください。

ポスター発表および大会参加申し込みの締め切りは、8月15日です。

 これらの申し込み先や参加費の振込口座の情報は、決まり次第おしらせします。

 詳しい情報が手に入りましたら、逐次ご報告していきます。

皆様の参加をお待ちしています。

 

組織委員会:巌佐 庸、粕谷英一、佐竹暁子、津田みどり、細川貴弘(50音順)