個体群生態学会とは

個体群生態学会は,個体群生態学の研究を普及・発展させることを目的に1961年に設立されました.設立当初から英文誌(Researches on Population Ecology,2000年からはPopulation Ecology[Springer,Japan])を発行し,国内外の研究成果を世界に発信することによって,国際誌として高い評価を得てきました.生態学の特定分野に焦点を当てた学会は,世界的にもユニークで,学会の名称に「日本」が含まれていないことにもその特徴が表れています.学会では,「数の多い生物とまれな生物がいるのはなぜか?」,「普段目立たない生物が時々大発生するのはなぜか?」,「絶滅はどうやって起きるのか?」など個体数や分布に関する生態学の中核をなす課題の解明に加え,進化や集団生物学にかかわる広範囲の基礎的,応用的分野の研究が展開されています.これらの課題は,生物多様性の保全や人間が自然から資源を得ながら存続してゆくために解明しなければならない大切な課題です.個体群生態学会はこれらの課題への挑戦を通して,国内外に誇れる多数の優秀な生態学者を育ててきました.多くの会員は学会活動への参加を通して研究できる幸せを実感し,自らを育ててくれた本学会に対して特別な愛着の念を抱いており,学会の発展に貢献することにこの上ない喜びを感じています.個体群生態学および関連する生物科学に興味を持たれる方はどなたでも入会することができますので,是非ご参加ください.

 

個体群生態学会会長 椿 宜高